パウダーファンデーションはスポンジよりもブラシがオススメ

メイクをする際、スキンケアをして、化粧下地をつけて、その後にファンデーションを塗るというのが一般的です。
自分の肌質や季節によってリキッドかパウダーで使い分けていくことも重要ですが、使用するメイク道具も重要です。
リキッドファンデーションは手で塗り込んでいく人もいれば、パフにつけて塗るという人もいます。
パウダーファンデーションを使用している人は付属のスポンジで塗るという人がほとんどなのですが、実は付属のパフよりも大きめのブラシで塗っていった方がキメが整ったキレイな肌に仕上げることができるのです。
付属のパフで塗りこんでいってしまうと、どうしてものっぺりとした仕上がりになってしまいます。叩きこむように塗っていくという技もありますが、初心者にはどうしても時間がかかってしまったり、鼻の横など細かな部分はテクニックが必要なので難しいのです。
その点ブラシでのメイクは、肌に乗せるようにくるくると滑らせていくだけでキレイに仕上げることができるのでメイク初心者にはおすすめです。
パフで塗ったファンデーションはどうしても厚塗りの印象になっていまい、化粧崩れした時に直すのも一苦労です。
ブラシで乗せる方法だと化粧直しもサッとブラシで撫でるだけですし、素肌のような肌に見せることができるので、ナチュラルメイクの人にはぴったりです。