リキッドファンデーションやBBクリームにも。スポンジ使用のススメ。

最近では作り込んだメイクより、すっぴんのようなメイクが人気です。リキッドファンデーションを使うと、より自然に仕上がります。
まずベースを仕上げた後、適量のファンデーションを指に取り、鼻や頬の気になるところに点々と乗せます。次にパフやスポンジで伸ばしていきます。リキッドファンデーションは全体的にのっぺりとした印象になりがちですが、こうすると厚塗りにならず、メリハリのついたナチュラルな肌になります。また均一に塗れるので、ムラになりません。くすみが気になる方はコンシーラーを、赤みを防ぎたい方は緑の下地を事前に使うと、薄づきでも綺麗に見えます。肌にファンデーションが密着することで持ちもよくなり、化粧直しもぐんと楽になります。さらに持ちをよくしたい場合は、パウダーをふんわり上から乗せましょう。
店頭には厚みのあるもの、肌触りが滑らかで負担の少ないもの、抗菌仕様になっているものなど、たくさんの種類が並んでいるので、手に取って比較してみましょう。洗いやすい素材のものだと経済的です。いくつか替えを用意しておいて、数日分をまとめて洗えるようにすると便利です。大量に入っている安いものを購入して使い捨てするのも衛生的です。