アイシャドウパレットの小さなチップとは仕上がりに雲泥の差が!シャドウブラシは3本揃えよう

アイシャドウでメイクをする時に欠かせないのがツールです。

 

パレットを買ったときについてくる小さなチップでメイクをするのと、シャドウブラシを

 

大中小3本揃えてメイクをした時には仕上がりに大きな差が出るのです。

 

実際にチップは使い続けているとポロポロとスポンジ部分が落ちたり変形してしま

 

ったりするので、長いこと使えるようにするのにはかなり気を遣うでしょう。

 

そこで先述のブラシ3本の出番です。まずアイホールに塗る大きめのブラシ、次に

 

二重の線や真ん中あたりまで塗る中サイズのブラシ、そして仕上げの際に締め色

 

を塗ってグラデーションを完成させるための細い小さなブラシ。これら大中小のブ

 

ラシがアイメイクを綺麗に仕上げる重要な立役者となるのです。

 
ではそのブラシ選びですが、国内名産品の高級ブラシや中国産のブラシ、灰リス

 

の毛でできているものからヤギやポニーと毛質も産地も様々です。

 

さらにはブランドによってカットの仕方も違うので当然肌触りも変わってきます。

 

そこはインターネットの情報を駆使するのはもちろん、実際にブラシの売り場に赴

 

いて自分の指で触って確かめること、これが一番です。

 

肌にあたってチクチクしないか、なめらかかどうか。見て触ってみなければなりま

 

せん。実際にメイクアップアーティストの中にも普通の画材用ブラシを使っている人

 

もいますので画材屋さんの筆コーナーを見てみるのも良いでしょう。

 
アイシャドウを塗るツールとして付属のチップや指を今まで使っていた人は是非ブ

 

ラシでのアイメイクに挑戦しましょう。きっとグラデーションなどの仕上がりにも差が

 

でるはずです。