パフの選び方

メイクをするときは、肌にあったメイク用品を選ぶほか、パフも肌触りいいものを選びま

 

しょう。

 

リキッドファンデーションにしてもパウダーファンデーションにしても、厚みが足らな

 

いとうまく肌にのせることができませんし、肌にうまく伸ばすことができません。

 

リキッドタイプだと特に、厚みがないと塗るときに染み込んだファンデーションが手

 

にもついてしまいます。

 

パウダータイプのものも、粉がうまくのらない、といったこともあるでしょう。

 

ですから、新しく買い替えをする時は厚みを確かめてから購入するといいでしょ

 

う。

 

一番いいのは、自分が今使用しているファンデーションと同じメーカーのものを購

 

入することです。同じメーカーであれば、ファンデーションの質にあうものが購入で

 

きるでしょう。

 

ファンデーションが値段の高いものだと、備品も同じように値が張ることが多いです

 

が、メイク品と同じメーカーのものであれば安心です。

 

ドラックストアやコスメショップで安価で販売されている物は使い心地もイマイチな

 

ものが多いので、使い捨て用として使用するのがいいでしょう。使い捨て用は化粧

 

直し用として携帯して持ち歩くにはいいですし、朝きちんとメイクするときと分けて

 

使用していくといいのではないでしょうか。